« 「国民的じゃんけん大会」勝利! | トップページ | docomo から NifMoへのMNPの収支 »

2015/09/17

NifMoにMNPした

初めて携帯電話の類を手にしてから17年7ヶ月間使用してきたdocomoに別れを告げ、NifMo に MNPした。

ざっくり要約すると、月曜日の午前中にWebからNifMoに申し込みをして、水曜日の午後からMNP元のSIMが使えなくなり、金曜日にSIMが届けられるが、家人が留守だったため土曜日に受け取った。

以下は、その詳細。

9月13日 (日)
深夜になってから、NifMoの申し込みフォームに、MNP予約番号などの申し込み情報を入力して「次へ進む」をクリックするとエラーが。
MNP予約番号有効期限まで12日以上ないといけないと書かれている。
事前準備のつもりで、数日前にMNP予約番号を申請していたので、日数が少し足りなくなっていた。MNPの完了までそんなに日数がかかる事があるものなのか?と思いながら、docomoのサイトに行き、現行のMNP予約番号をキャンセル。再度申請しようとしたら、時間外で受け付けられなかった。
翌朝にMNP予約番号を取りなおすことに。
9月14日 (月)
朝、docomo のサイトで MNP予約番号を申請しなおして、NifMoの申し込みフォームに登録しなおし。
本人確認書類は、免許証をiPhoneのカメラで撮ってアップロードした。
niftyから「本人確認書類受付のご案内」というメールが届いた。
9月15日 (火)
本人確認処理が終われば、「本人確認手続き完了のご連絡」というメールが、届くはずなのだがなかなか来ない。免許証の表側だけアップロードしたが、裏面も必要だったのだろうかと思いながら、連絡待ち。
「本人確認手続き完了のご連絡」は、17:10に届いた。
9月16日 (水)
10:02 に、「MNP転入処理開始のご案内」というメールが届いた。
MNP転入処理を開始するのでMNP転出元の携帯電話は使用できなくなる旨が書かれてる。
昼過ぎぐらいに見たら圏外になっていたので、MNP転入処理がなされたようだ。
モバイル通信はできなくなったが、この時に備えてモバイルWi-Fiを持ってきたので、iPhoneで通信はできる。 SMARTalkも入れてあるので、050な番号なら電話もかけられる。
因みに、このモバイルWi-Fiは、来年サービス終了が決まっているEMOBILEのプリペイド。 チャージ分を消化したかたのでちょうど良かった。
9月17日 (木) (以下追記)
21:47 「商品発送のご案内」というメールが届いた。
まだ発送されてなかったのかよ。今日にも届くかと期待していたのに。
メールには、クロネコヤマトの伝票番号が書かれていた。 町田小山ヶ丘センターからの発送だった。
9月18日 (金)
届くはず…だったが、家人が外出していたため不在配達となったので、翌日午前中に再配達依頼。
9月19日
予定通り受け取り。
配達物には、「転送不可 宅配BOX投入不可」と書かれていた。宅配BOX投入不可は、相手に確実に届けて、トラブルを回避するための措置なのだろう。
配達物の内容は、SIMカードと、「はじめにお読みください」という印刷物。
SIMを入れて、記載されているとおりに設定して無事に接続できた。

ヨドバシカメラなどに行けば、その場でSIMが発行されるらしいが、ネットで申請したのは、価格.com経由で申し込むと3,200円がキャッシュバックされるキャンペーンをやっていたから。その最終日が、14日だった。
キャンペーンが終了した翌日から別のキャンペーンが始まる事もよくある。キャッシュバック額が増額されている事もある。けれど、NifMoについてのキャシュバックキャンペーンは15日以降は無くなっていた。
価格.com経由でのキャッシュバックキャンペーンは終了したようであるが、NifMo自身が行なっている 3,100円キャッシュバックキャンペーンは、2915年9月30日まで実施しているようだ。
初期費用を安くする手段は他にもある。例えば、amazonでパッケージ「NIFTY NifMo 音声通話対応SIMカード」を購入すれば、通常なら3,240円かかる手数料分の費用が1,218円(9月20日のamazonでの送料・税込みの価格)にすることもできる。
後で知ったのであるが、はじめての格安 SIM かんたんスタートガイドという本(1,080円 … 9月20日のamazonでの送料・税込みの価格)には、初期登録費用無料+月通信費最大2ヶ月分無料になる「NifMoオリジナル プレミアムカード」(利用期限:2016年7月末まで)が付いてくるので、こちらの方がお得だったみたいだ。

なぜNifMoを選んだのか

cocologを使用している事からわかるとおり、私がniftyの会員だからである。
「@nifty接続サービス セット割」というのをやっていて接続サービス会員なら基本料金から月額 200円引きになるというものだが、私は対象外である。私の場合は、@nifty基本料金 250円を毎月支払っていたのがNifMoにすることにより請求されなくなるという事が決定的だった。
契約した通話対応 SIM の3GBプランであれば、もっと安いMVNOはある。例えば、DMM mobile。
DMM mobileは、1GBプラン, 2GBプランなどプランを多数用意されてたり、随時低速モードに切り替えてデータ通信量を節約できるなど、魅力的だったので迷った。しかし、2GBプラン 1,470円、3GBプラン 1,500円と、価格差が小さいのでプランの種類は多くても使えるプランは限られてくる。
これまで支出していた 250円分が安くなると考えると、NifMo が良かったのだ。

関連記事: docomo から NifMoへのMNPの収支

|

« 「国民的じゃんけん大会」勝利! | トップページ | docomo から NifMoへのMNPの収支 »

モバイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33117/62300634

この記事へのトラックバック一覧です: NifMoにMNPした:

« 「国民的じゃんけん大会」勝利! | トップページ | docomo から NifMoへのMNPの収支 »