« DELL Inspiron Mini 9 開梱 | トップページ | 液晶モニタ iiyama ProLite E431S故障 »

2008/09/30

Dell Inspiron mini 9 の起動

最初の起動では、承諾条件の確認やら地域の設定やらでいくつか質問に応答して設定していく。 終わるまですごく時間がかかった。
起動が終わると普通にWindows XPの画面が現れた。壁紙はオリジナルなものなのか、夜空のような?画像になっている。
C:ドライブのプロパティを確認すると、14.3GB中3.6GBほどが使用されている。

C:ドライブ

「ドライブを圧縮してディスク領域を空ける(C)」にチェックが入っている。
最初の起動で時間がかかっていたのは、圧縮ドライブにしてあるためかもしれない。
通常の起動など、ディスクの読み出しが主な処理だとそこそこ速いのだが、大きなファイルを更新するような処理では、とても遅くなるように感じる。 フリーズしたかと思うほど遅くなるときもある。
SSDの容量が16GB(Windowsの表示では14.3GB)と限られているので、インストールするソフトは厳選しないとすぐにいっぱいになりそうだ。 画面も小さいので、小さな画面でも使い易いものを選ばないといけない。
まず、Webブラウザは、Google Chromeだ。IEは、問題外なのでIEでしか操作できないようなおバカなサイトのみで使う。 ブラウザは、Firefoxが使い易いのだが、狭い画面でも表示域が広いChromeは、このような画面の解像度の小さなPCには適していると思う。
メールソフトは、Thunderbirdを使う。Windowsで普段使っているのは、Becky!なのだが、ThunderbirdのアドオンソフトのLightningが気に入ったのでThunderbirdに決めた。Lightningは、カレンダーソフトで予定やTODOを管理できる。 Lightningのカレンダーは、Provider for Google Calendarという別のアドオンを入れてるとGoogleカレンダーと同期する事ができて便利なのだ。
Thunderbird自体も、MacOS XやLinuxで使用しているので、馴染みがある使い易いソフトだ。 Outlook Express は、すぐにアンインストールする。

日本語モードの切り替えは、[ALt]+[Fn]+[Q](=[Alt]+[`])だと煩わしいだけでなく別の問題も発生した。 Google ChromeのJavascript debugger起動のためのショートカットキーとかぶっている事がわかった。 でも、他のマシンで英語キーボードを使ってGoogle Chromeで日本語入力もしてるはずだけど、切り替えのときにJavascript Debuggerが起動した事無いのだが、このマシンでは起動してしまう。
あまり考えずに日本語入力の切り替えは、[Ctrl]+[Space]を割り当てる事にした。 UNIX系なシステムでよくあるやり方だから。

|

« DELL Inspiron Mini 9 開梱 | トップページ | 液晶モニタ iiyama ProLite E431S故障 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33117/42647467

この記事へのトラックバック一覧です: Dell Inspiron mini 9 の起動:

« DELL Inspiron Mini 9 開梱 | トップページ | 液晶モニタ iiyama ProLite E431S故障 »